馬謖 幼常
史実人物紹介
サンプルボイス

史実紹介

 襄陽の名家である「馬氏の五常」の中の五男(末っ子)その智略を諸葛亮に愛され重要されるが、第一次北伐の際、戦略上の要所である街亭(甘粛省安定県)の守備を命じられ、諸葛亮に道筋を押さえるように命じられたが、馬謖はこれに背き山頂に陣を敷いてしまい、蜀軍の大敗を招いてしまう。その責任により、処刑された。