徳川家

SDキャラクター

謎多き僧。
自分にはその資格が無いと言って、兵を率いるのを好まないが、知略に富み、内政面でも家康を支える頼りになる外交僧。
自らなにかを主張しようとする覇気に欠けるが、言葉には重みがある。
家康の元で、家康が作る天下を見定めようと決め、徳川のために働いている。

【デザイナー:ぽ〜しょん】 【演者:かわしまりの】

史実紹介

 謎の多い人物で、出自も生年も、定説はあるが子細は明らかにはなっていない。
 中には足利将軍落胤説も存在し、1561年に川中島の合戦を眺めていたとも、一時期は武田信玄に仕えていたとも、足利学校で学んだ経歴があるとも言われ、その多くは定かになっていない。また、その正体は明智光秀だったという説もある。
 前半生は多くの謎に包まれているが、1590年、秀吉の小田原攻めの際は、家康の陣幕にいたとされている。その後、家康の厚い信頼を得て、関ヶ原の戦いの時も側に控えて参謀の役割を果たしたとも。
 長命だったようで、家康に仕えた後は三代将軍家光に仕え、寛永20年(1643年)に没したと言われている。

前の武将へ 次の武将へ 地図に戻る