北条早雲
史実を読む

史実紹介

北條早雲/伊勢盛時(ほうじょうそううん/いせもりとき) 室町時代中後期(戦国時代初期)の武将で、戦国大名となった後北条氏の祖である。 伊勢宗瑞(いせそうずい)とも呼ばれる。 名もなき諸国流浪の一介の浪人から一夜にして伊豆一国を手中に戦国大名に変身した。 戦国の群雄割拠の時代の幕開けにふさわしい人物。この早雲の生い立ちについては、色々な諸説がある。 伊勢出身の素浪人、京都を追われた名門伊勢氏、備中の豪族伊勢氏などあるが、妹の北川殿が駿河の守護大名の今川義忠の正室だった事から一介の素浪人とも思えない。 しかし、妹を頼って駿河に下った時点で無位無冠の浪人には違いない。